『いのちあかるく』  作詞 大友康二 作曲 菅原良吉
 

1 松風うたう 丘の白雲(くも)  希望(のぞみ)のひとみ 美しく
  栗田に学ぶ わが友よ
  いつの日も いのちあかるく  いのちあかるく さわやかに
2 雄物川波(かわなみ)ひびく 丘の故郷(さと)
  伸びゆくからだ 逞(たくま)しく
  栗田に生きる わが友よ
  いつの日も いのちあかるく  いのちあかるく すこやかに
3 海原はるか 丘の夢  ゆたけき心 むつまじく
  栗田にひかる わが友よ
  いつの日も いのちあかるく いのちあかるく おおらかに

校 歌 に つ い て

作 詞 : 大 友 康 二 氏
 養護学校で一番欲しいのは、明るさと素直さだと聞きました。それで、まず明るくあって欲しいと思い作りました。雲を眺め、川を愛し、海の広さにあこがれてください。きっと豊かな心が育ちます。良い曲をつけてくださった菅原先生に感謝します。

作 曲 : 菅 原 良 吉 氏
 栗田で学ぶ子どもたち、または学んだ子どもたちにいつまでも心の故郷としての意味をもつ校歌であって欲しいものだと考えながら、かかせていただきました。栗田の校舎から元気な校歌の歌声が流れることを切望しております。


栗田養護学校 校章


養護学校の「養」を中心に据え、互いに助け合い、学習に励む児童生徒の姿を「互」の文字に求め、栗田の「ク」の文字と組み合わせました。また、学校近隣に生える、風雪に耐えぬいた松の葉をイメージし、輪郭としました。

制作 佐藤 勇 氏