3月8日(金)卒業式がおこなわれ、小学部6名、 中学部23名、高等
部33名の計62名が卒業しました。たくさんの保護者、来賓に列席して
いただきました。高等部生は、『社会に貢献できる立派な社会人になり
ます』という言葉と共に、それぞれの未来に向かって羽ばたきました。

 2月16日(土)Jリーグスポンサーの明治安田生命秋田支社市場
統括部長 古関正敏氏から、秋田県特別支援学校のサッカー-チー
ムに対して、15個のサッカーボールを寄贈していただきました。本校
サッカー部のキャプテンが代表して受け取りました。
 このあと、4月の総会で県内特別支援学校のサッカー部がある学
校に渡すことことにしています。
 
 1月28日(月)、秋田県選挙管理委員会と秋田市選挙管理委員会に
ご協力いただき、「選挙啓発出前講座」に高等部全員が参加しました。
生徒たちは熱心に話を聴いたり、模擬投票をしたりと、政治や社会の
ことに関心をもった大人になるという意識をもちました。 
   
 126日(土)高等部環境・福祉科は「第17回あらや大川散歩道
雪まつり」でカフェくりたを出店して、温かい飲み物とおでん、作
業学習製品の販売を行いました。この日は晴天に恵まれて多くのお
客様においでいただき、温かい励ましの言葉をかけていただきまし
た。ありがとうございました。
   

 1月20日(日)、第38回秋田県綱引選手権大会に、高等部の
生徒12名が出場しました。大会まで昼休みや放課後を利用して練
習を重ねてきました。当日は、仲間と心を合わせて綱を引くことが
でき、チャレンジドの部において14年ぶりに優勝することができ
ました。たくさんの応援ありがとうございました。
 


 『北都銀行バドミントン教室』
 12月4日は、小・中学部の児童生徒が、1月23日は高等部の生徒が参加し
てのバドミントン教室を行いました。選手やスタッフの方たちと一緒にシャト
ルを打ち返す練習をしたり、国内トップクラスの選手同士の試合を見学した
りと、バドミントンの楽しさや面白さを感じられた教室になりました。
  12/25 新屋高校吹奏楽部のみなさんが、毎年恒例の
クリスマスコンサートを開いてくださいました。「風になり
たい」など、みんながよく知っている曲や、クリスマスメド
レーなどを演奏してくださいました。リズムにのって体が自
然に動き、心も体もあたたまるコンサートとなりました。
 
 マックスバリュ エクスプレス新屋関町店様から、クリスマスケーキを寄贈し
ていただきました。クリスマスパーティの途中で登場したサンタさんに、みんな
大喜び!うれしいサプライズでした。
 
第14回特別支援学校交流バスケットボール大会『YURI CHALLENGE CUP』
 12月15日(土)に由利本荘市総合体育館で開催されました。男女とも6チーム
が参加しました。男子は昨年の逆転負けの雪辱に闘志を燃やし、3年生にとっ
て最後の大会を優勝で飾り、栗田カップ・特総体・能代ウインターカップに続き、
4冠を達成しました。女子は準決勝で1点差の大接戦を演じ、準優勝に輝きまし
た。
 
第4回特別支援学校冬季バスケットボール大会『能代ウインターカップ』
 12月8日(土)に能代市総合体育館で開催されました。男子は4チームが
参加し、接戦を制して見事4連覇を飾りました。女子は3チームが参加し、
練習の成果を発揮してきました。また、能代工業高等学校男子バスケット
ボール部や、能代j松陽高等学校女子バスケットボール部の選手と混成
チームを組んでドリームマッチを行い、バスケットボールを楽しみました。
 
 
 12月12日 太鼓の演奏を披露した10月20日の全国発達支援通園事
業連絡協議会in秋田大会に参加された方から、みかん狩りで収穫したみ
かんをたくさんいただきました。2年生への太鼓の引き継ぎ式後にみんな
でおいしく頂戴しました。お心遣いありがとうございました。
 124日 北都銀行バドミントン部の選手のみなさんによるバド
ミントン教室が行われました。
今回は小学部と中学部の子どもた
ちがトスしてもらっていろいろなシャトルの打ち方を練習しまし
た。最後はチャレンジコーナーで選手のみなさんに挑戦しました。
第16回特別支援学校交流フットサル大会『ふようCUP』
 栗田支援学校Aチーム・Bチーム・Cチームが各リーグで優勝!2年
ぶりの3リーグ制覇を達成しました。各校レベルが上がり激戦の連続で
したが、昨年の準優勝のリベンジを果たすべく意地を見せての優勝でし
た。栗田カップA・B、特総体も含め、年間6冠の完全制覇!!大活躍
のサッカー部でした。
 
 このたび、北都銀行新屋支店様、高谷林業株式会社様から 、本校の
教育活動に役立ててほしいと、視聴覚機器を寄贈していただきました。
プロジェクターとスクリーンのセットです。日々の授業や研修会等、様々
なシーンで活用させていただきます。御厚意本当にありがとうございまし
た。

 
 11/13 秋田県中部地区郵便局局長会秋田第二部会の方々から、本
校児童生徒全員に、リンゴをいただきました。児童生徒会の各会長が代
表してリンゴを受け取りました。

  11/3 栗田祭を行いました。今年度は高等部普通科1・2年生が新しい
試みとして、ワークショップを開催しました。各学部の児童生徒も普段の学
習の成果を存分に発揮しました。締めの第26代栗田祝い太鼓は「栗田の
未来~わたしたちならできる~」のテーマにふさわしい素晴らしい演奏を見
せてくれました。
   第141回秋田県種苗交換会の学校農園展で、2年連続で優秀賞、秋田県教育長賞をいただきました。5日に文化会館で表彰式に参加します。
 
 10/20(土)全国発達支援通所事業連絡協議会in秋田大会の情報交換
会で、高等部3年生8名が『栗田祝い太鼓』と『みらい』の2曲を披露してき
ました。静まり返った場内に太鼓が響き、たくさんの大きな拍手に包まれま
した。ガラス工芸班の「んだグラス」も乾杯のグラスとして使われ、100数名
の参加者にお土産として持ち帰っていただきました。 
   
   
  1013日(土)秋田県特別支援学校職業教育フェア(県央地区)が潟上市昭和体育館で行われ、高等部普通科のショップくりたと職業科のcaféくりたが出店しました。
 また、この中で開催された技能競技会「錬成会」には職業科の4名が参加し、日頃培った技術を競いました。錬成会の結果は次のとおりです。
<ビルクリーニング部門> 金賞 山本恭太(2年)
<喫茶サービス部門> 銀賞 小林愛里(2年)、銅賞 能登大河(1年)
 
 1012日(金) 秋田市文化会館大ホールで行われた秋田県特別支援
学校文化祭「スマイル・ステージ
2018」で小学部1年生の栗田げんき太
鼓と高等部普通科
3年生の栗田祝い太鼓を披露し、会場から暖かい拍手
をいただきました。
113日に行われる栗田祭でも披露します。ご来校
をお待ちしています。
    
 栗田祭(11/3)のポスターが完成しました。今年のテーマは栗田の未来~わたしたちならできる~です。
 
 
 913日東京品川にあるアンテナショップ「あきた美彩館」前で、「栗田ランチ」の宣伝活動を行いました。栗田ランチは、秋田の食材を取り入れたて中3みんなで考えたものです。特別に一日限定でランチメニューに加えていただきました。なまはげの扮装、ティッシュ配り、看板掲示、県特産物販売の4つのグループに分かれて道行く人に宣伝をしました。そのかいあって80食のランチの注文を得ることができました。
   
 9月1日(土) 第16回秋田県障害者スポーツ大会が、雄和にある県立中央公園陸上競技場で陸上競技、球技場でフライングディスク競技、ロックンボウルでボウリング競技が行われました。
 結果は生徒33名が参加し、金メダル5個、銀メダル8個、銅メダル4個を受賞しました。特に、4×100mリレーでは、力を合わせてバトンを渡し、2位に輝きました。
 
 8月24日(金)に、保護者と職員合わせて約100名が参加し、PTA・職員合同防災研修会を行いました。秋田赤十字病院のスタッフ、赤十字ボランティア指導員の2名の方から東日本大震災の避難所の様子や災害時の避難の仕方について話を伺い、グループ協議を通して児童生徒が避難する際の課題について考えました。
   
   
 8月2日(木)秋田県立中央公園で、本校主催の『第15回栗田カップ』を開催しました。9月に行われる特別支援学校総合体育大会の前哨戦として、これまでの練習の成果を発揮し、熱戦が繰り広げられました。
 男子バスケットボール部とサッカー部は接戦を制して、優勝。女子バスケットボール部も準優勝と好成績をおさめました。また、本校生徒会役員が、選手の出迎えや大会運営の役割を担い、活躍しました。 
 
 81() 新屋の栗田神社で行われた栗田定之丞顕彰相撲大会に
参加しました。小学部児童3名が参加し、地域の子供たちの中に
交じって立派に相撲を取りました。
 
  728()29() 中学部3年生は秋田市土崎港の「道の駅あき
た港 ポートタワー・セリオン」で開催されました
「秋田港 海の祭
典」でアイディア100%おにぎりの販売をしました。

たくさんのお客様においでいただき予定よりも早い時間に完売しました。
 

721() 秋田駅前大屋根広場とアゴラ広場をお借りして、第2
栗田フェアを行いました。当日は暑さの中でしたが保護者、ボラン
テア、福祉作業所の皆様のご協力により、大勢のお客様をお迎えし
て行うことができました。暑さの中、本当にありがとうございまし
た。

 
   
   
 7月11日(水)、本校高等部が秋田県職業教育フェスティバルに参加し、作業製品販売・展示、作業学習実践交流会、caféくりたの出店や会場スタッフを担当しました。全県の特別支援学校の生徒と意見交換を行い、今後の学習への意欲を高める機会となりました。また、生徒がきびきびと活動する様子に日頃の学習の成果を感じました。
   
   
   
 7月11日(金)秋田県障害者技能競技大会に、本校高等部から5部門10名の選手が出場し、日頃の学習と練習の成果を競いました。選手たちは今回の貴重な経験を今後の学校生活に生かしてくれると思います。
 本校からの入賞者は次の通りです。
  ワードプロセッサ部門<金賞> 職業科2年佐藤聖良さん 
  パソコンデータ入力部門<金賞> 普通科3年相原翔太さん 
  ビルクリーニング部門<銀賞> 職業科3年田中洸成さん 
  木工部門<銅賞> 普通科2年越前谷勇気さん
 
 

  6月19日に地域の栗田クリーニング社長の佐々木さんを講師に迎え、
寄宿舎でクリーニング教室を行いました。ハンカチやワイシャツ、ズボン
のアイロン掛けのj順序や畳み方を一人一人に丁寧に教えていただきま
した。
 プロの技を目の当たりにし、真剣に学ぼうとする様子が見られました。
 
6月14日(木)「平成30年度秋田食品衛生協会長表彰」を受けたランチくりたの代表生徒(高等部職業科3年生)2名が、特別支援教育課長を表敬訪問し、表彰の喜びと日頃のランチ営業における衛生への取組について報告しました。
 

6月10日(日) 秋田市指定無形民俗文化財「新屋の鹿嶋祭」に
小・中学部の児童生徒と保護者のみなさんが参加しました。日吉
神社まで鹿嶋船をひき,みんなの健康と無事故を祈願してきました。

   
   
5月16日、高等部職業科で、コース別技能競技大会を実施しました。飲食提供コースの生徒は喫茶サービス部門に、清掃コースの生徒はビルクリーニング部門に、福祉コースの生徒はベッドメイキング部門に出場し、これまで身につけた技能を発揮しようと真剣に取り組みました。また、生徒、職員共に、互いのコースの日頃の頑張りを知る良い機会になりました。 


 5月12日(土)運動会を実施しました。少し風がありましたが来賓、保護者、
卒業生、新屋高校のボランティアの生徒さんなどたくさんの方々に来校して
いただきました。
 今年度の運動会は生徒の運動会実行委員が運営の中心となり、運動会
を盛り上げました。


4月25日(水)運動会のポスターが完成しました。


4月21日(土)、新屋の春のイベント「ものまちさんぽ」に、高等部職
業科の「caféくりた」、高等部普通科の「ショップくりた」が出店しました。
桜の咲く好天の下、たくさんのお客様に訪れていただき、ドリンクや作
業学習製品をお買い上げいただきました。御来店ありがとうございま
した。

 
 4月6日(金)入学式を挙行しました。小、中、高等部生の合わせて57名が仲間に加わりました。高等部生徒会長の新入生を迎えることばに対して、新入生代表が、作業学習やバスの利用など、様々なことに挑戦していきたいと、誓いのことばを述べました。

 
 4月4日、新年度を迎え、高等部職業科「ランチくりた」厨房の1年間の
安全を祈念し、火入れ式を執り行いました。今年度の「ランチくりた」の営
業は4月13日(金)より開始いたします。地域の皆様のお越しを心からお
待ちしております。